タイトリスト最新情報

タイトリスト 917D2

私自身、エースドライバーとして使用していますが、重心距離が長く、直進性の高いドライバーです。
一発の飛距離が凄いというわけではなく、平均飛距離が良いドライバーと言えるのではないでしょうか。
実際に使用している方々の口コミ・評価もたくさん集まってきています。参考にしてみてください。
⇒917D2 使用者の口コミ・評価はこちら

タイトリスト917D3
小ぶりで操作性が高くなりますが、決して難しいドライバーではありません。
球も上がりにくいということもないです。
D2かD3かというのは、好みの問題になるかもしれませんね。
⇒917D3 使用者の口コミ・評価はこちら

タイトリスト718AP3アイアン

タイトリスト718シリーズが9月30日に発売開始となります。
今回注目されるのは、新たにラインナップに加わったAP3アイアン。
中空構造になっており、よりやさしく、そしてもう少し飛距離が欲しい中・上級者にオススメです。
⇒タイトリスト718AP3アイアンの詳細はこちら

タイトリスト718T-MBアイアン

718シリーズの先陣を切って登場したのがT-MB。
マッスルバックのようなシャープな形状ながら、中身は中空。
決してやさしいアイアンではありませんが、マッスルはキツイけどこの顔がいい!というファンも多いアイアンです。
⇒718T-MB 使用者の口コミ・評価はこちら

タイトリスト718AP1アイアン 試打評価

タイトリスト718AP1アイアン。
718シリーズで最もやさしいモデルです。

日本では、AP2が非常によく売れていますが、
アメリカではAP1が最も売れているそうです。

さて、今回の718AP1ですが、
やはり非常にやさしいですね。
ストレート性能が非常に高く、曲がりません。

そして、7番アイアンで29度というストロングロフトですが、
球筋がとてもいいです。
これくらいのストロングロフトになってくると
弾道がユーティリティに近くなってくるのですが、
これはアイアンの弾道で飛んでくれます。
さすがタイトリストだなという印象です。

とても完成度が高くなったAP1アイアン。
アイアンをやさしく使いたい方におすすめです。

タイトリスト 718 AP1 アイアン Titleist MCI 60 シャフト仕様 6本セット[#5-P]

タイトリスト718アイアン 予約受付開始 日本

タイトリスト718アイアンの予約受付が
本日9月1日から始まりました。

すでにネットショップでも
受付が開始されています。

タイトリスト718CBアイアンの詳細はこちら

タイトリスト 718 アイアン 発売日 日本

タイトリスト718アイアンの発売日が発表されました。

発売日は、2017年9月30日です。

今回は日本でもアメリカでも同時に発売開始となります。

●タイトリスト 718 AP3 アイアン【日本仕様モデル】N.S.PRO 950GH スチールシャフト 6本セット(#5〜#9,PW)

タイトリスト718AP2アイアン 試打評価

タイトリスト718AP2アイアン。

世界中のツアープレーヤーが使用するモデルです。
7番アイアンでロフト角は33度。

非常に構えやすいのは、さすがの一言。
打っていて、球のばらつきが非常に少なく、すぐに欲しくなってしまいました。

飛距離としては、ドライバーのヘッドスピードが45m/sくらいで
150ヤードキャリーと言った感じです。

タイトリスト718AP2アイアンの詳細はこちら

タイトリスト718AP3アイアン 試打 評価

タイトリスト718AP3アイアン。

試打は、7番アイアン。
ロフト角は30度。

構えた感じは、さすがタイトリスト!という格好いい顔をしています。

打った感じは、結構弾く感じが強いです。
つかまりは良いですが、決して捕まり過ぎて中上級者が困るようなことはありません。

飛距離としては、ドライバーのヘッドスピード45m/sくらいですが、
160ヤードくらい飛びます。

●タイトリスト 718 AP3 アイアン【日本仕様モデル】N.S.PRO 950GH スチールシャフト 6本セット(#5〜#9,PW)

ジャスティントーマス 使用アイアン 2017全米プロ

ジャスティントーマス選手が松山英樹選手に勝った全米プロ。

クラブセッティングを調べてみると、
アイアンは4番アイアンから。
4番は、716CBアイアン。
5番から9番アイアンは、NEWモデルの718MBアイアン。
ウエッジは、46度、52度、56度、60度を入れていました。

タイトリスト917D 球の上がりやすさ ロフト角

タイトリスト917Dの球の上がりやすさについてご紹介します。
ロフト角を選ぶ際にも参考にしていただければと思います。

試打をしたときには、917D2とD3の両方を打ちましたが、
どちらもそれなりに球は上がるように気がしていました。

結果で気に917D2にスピーダー569エボリューションⅢを入れたモデルを
ロフト角9.5度で購入しました。

弾道は中弾道。練習場では何とか良い球も出るのですが、
やはりちょっと無理して打っているようで
コースではチーピンが連発して
ドライバーでスコアを壊すことが多くありました。

私のヘッドスピードは44m/sくらい。
アイアンなどではそれほど球は低い方ではありません。
ですが9.5度はきついな~と言う感じ。
10.5度の方が良かったなと感じています。

タイトリスト917D2の詳細はこちら

ジョーダンスピース 3番アイアン 全英オープン 2017

ジョーダンスピースが全英オープンで多用していたツアーADのカーボンシャフトが入ったロングアイアン。
あれは、タイトリスト718T-MBの3番アイアンです。

【2017年モデル】【タイトリスト】718 T-MB IRONアイアン 単品 (#2,#3,#4,50°)NSPRO 950GH、Dynamic Gold AMT、スチールシャフト【Titleist】【日本正規品】

ジョーダンスピースもかなり多くのティショットをこの3Iで打っていましたし、
松山英樹選手やその他の選手もやはりロングアイアンでのティショットが目立ちました。

タイトリスト ハイブリッド 2017年モデル

タイトリストから2017年モデルのハイブリッドが登場するようです。

まだ、何も公表されていませんが
前作の816Hと同じく、H1とH2がラインナップ。

ウッドからの流れで、よりウッドに近いH1。
アイアンからの流れで、アイアン感覚に近いH2。
まずはアメリカツアーでお披露目されるようです。

タイトリスト718アイアン アメリカで登場!

タイトリスト718シリーズがアメリカPGAツアー「クイッケンローンズ選手権」で登場しました。

MB、CB、AP2、AP1とこれまでのお馴染みモデルに加えて、
AP3アイアンがラインナップされました。

AP2とAP1の間に入るモデルのようですね。

tanimasaki460.jpg

↑↑当サイトオリジナル特典付↑↑