2016年タイトリスト最新情報

2016年10月21日発売 タイトリスト917

タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

2016年3月4日発売タイトリストVG3 2016年モデル
VG3ドライバーは、デザインを一新。
915Dと似た黒いデザインで格好良くなりました。

タイトリスト VG3ドライバー(2016)の詳細はこちら
アイアンは、2タイプがラインナップされています。
軟鉄鍛造の「VG3アイアン」。

VG3アイアン(2016)の詳細はこちら
飛ばしに特化した「VG3 TYPE-D」

●タイトリスト VG3アイアン TYPE-D(2016)NSプロ950GH スチールシャフト …

タイトリスト718T-MBアイアン 発売日

タイトリスト718アイアンシリーズの先陣を切って、
T-MBアイアンが発表されました。

中空マッスルバックアイアンで
シャープな格好いい見た目からは想像つかない、
飛距離性能と高弾道を実現します。

発売日は、3月24日です。


タイトリスト 718 NEW T-MB アイアン 6本セット(#5〜PW) [ダイナミックゴールド ツアーイシュー] DG Tour ISSUE/ DG Tour ISSUE AMT イシュー/イシューAMT スチールシャフト Titleist ライ角・ロフト角 調整対応可

タイトリスト コンセプトC16 アイアン

タイトリストでアメリカ限定販売されているコンセプトC16。
日本では発売されていないモデルですし、
そもそも大きなプロモーションもしていませんので
ほとんど知られていません。

ドライバーとアイアンがありますが、
昨年発売された917ドライバーはコンセプトC16が元になって作られました。


タイトリスト コンセプトC16 ドライバー

今年、アイアンのNEWモデル718アイアンの登場が予想されますが
やはりC16アイアンが元になって作られるのでしょうか。

日本人御用達のカリフォルニアのショップでは
コンセプトC16も発売されています。
レアなモデルが好きな方は是非↓↓


タイトリスト コンセプトC16 アイアン

タイトリスト PRO V1 2017 発売日

タイトリストPRO V1 2017年モデルの発売日が
正式に発表されました。

発売日は、2月3日です。

すでに予約の受付が開始されていますが、
こちらのショップでは、2月2日発送です↓↓
しかも、現時点で最安値です↓↓(送料無料)

予約販売/2月2日発送! タイトリスト 2017モデル PRO V1 ・ V1X 1ダース(12球入り) 【Titleist】【ゴルフボール】【日本正規品】【PROV1PROV1X】【GS7】

ジャスティントーマス タイトリスト917D3 ドライバー

2017年初戦となった「SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ」で
松山英樹選手を振り切って優勝したジャスティントーマス。

使用しているドライバーは、
タイトリスト917D3.
シャフトは、ディアマナBF60(TX)

タイトリスト917D3 ディアマナBFの詳細はこちら

ボーケイ グラインド 違い

ボーケイウエッジを選ぶ際に、
グラインドの種類がいくつかあり
どのように選んでよいのかわからない、
なんて声を聞いたので解説させていただきます。

まず、オーソドックスなのはFグラインドです。
これはトレーディングエッジ(ソールのお尻の部分)に
グラインドがほとんど施されておらず
バウンスを最も利用しやすいエッジです。
普通に構えて普通にアプローチする方は
このFグラインドでいいかと思います。

このFグラインドに
トレーディングエッジに少しグラインドを施し
バウンス効果を少し減らしています。
状況に応じてフェースを開く方にお勧め。
フェースを開いたときにリーディングエッジが
浮き上がりを抑えられます。

Kグラインドは、最も幅広いソール形状になります。
バンカーショットが苦手な方におすすめです。
また、開いてもリーディングエッジが浮き上がりません。

Mグラインドは、トレーディングエッジ側のグラインドが大きく
バウンス効果が小さくなります。
フェースを開いたりシャローに入れたり
色んな技を使いたい上級者向けと言えるでしょう。

カスタムスペックとなりますが、
Lグラインドは最もバウンス効果が小さくなります。
ヘッドコントロールが上手な方向けです。

《あす楽》タイトリスト ボーケイ SM6 ツアークロム DGS200 ウェッジ

タイトリスト917D2 重心角

タイトリスト917D2の重心角は、25.5度。

前モデルの915D2は、27.0度だったので
少し小さくなりましたが、
それでも結構大きい方で
つかまりやすくなっています。

ちなみに、917D3は、23.5度です。

タイトリスト 917D2 ドライバー Speeder EVOLUTION 3 661 カーボンシャフト Titleist 2017年日本正規品【代引き不可】

タイトリスト917D2 重心距離

タイトリスト917D2の重心距離は、
36.1㎜となっています。

前モデルの915D2が40.5㎜だったのと比較すると
随分と短くなりました。
これによって、ヘッドの返りが良くなり
操作性が格段に良くなっています。


タイトリスト917D2の詳細はこちら

タイトリスト 917 F2とF3の比較

タイトリスト917F2とF3を比較してみました。

まず、形状は、F2の方が大きめで薄いヘッドです。
F3は小さめヘッドで厚くなっています。

打ってみると、
確かにデータ通りの球が出ますね。
F2の方が打ち出し角が高いです。
スピン量は、両者でそれほど違いはありませんでした。
なので、全体的な弾道の高さとしては
F2の方が高く飛んでくれます。
そして、トータル飛距離もF2の方が飛んでくれました。

小ぶりなヘッドで
あらゆる場面で操作できるFWが良いという方はF3で
よりオートマチックに使いたい方にはF2がオススメです。

タイトリスト917Fの詳細はこちら

タイトリスト917D3は難しい??

タイトリスト917Dの購入を検討しているけど
やっぱりD3って難しいんですか?
という質問が結構あります。

実は、915Dでは、
アマチュアの方からの人気は、D3の方がありました。
振りぬきやすさという点でD3の方が良いという意見が多かったのです。

今回のD3に関しては、
やはり440㎤でD2よりも小ぶり。
投影面積もかなり小さいので
見た目でD3の方を選ぶ方もいらっしゃいます。

ただ、915D3と比較すると、
917D3の方がより低スピンで球は上がりにくいです。
そして、ミスへの許容度も915の方が高かったです。

でも、その分、しっかりと芯でヒットした時の
飛距離性能や打感の心地よさは最高です!

タイトリスト 917D3 ドライバー Titleist Speeder 517 カーボンシャフト Titleist 2017年日本正規品【代引き不可】

tanimasaki460.jpg

↑↑当サイトオリジナル特典付↑↑