2016年タイトリスト最新情報


タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

2016年3月4日発売タイトリストVG3 2016年モデル
VG3ドライバーは、デザインを一新。
915Dと似た黒いデザインで格好良くなりました。

タイトリスト VG3ドライバー(2016)の詳細はこちら
アイアンは、2タイプがラインナップされています。
軟鉄鍛造の「VG3アイアン」。

VG3アイアン(2016)の詳細はこちら
飛ばしに特化した「VG3 TYPE-D」

●タイトリスト VG3アイアン TYPE-D(2016)NSプロ950GH スチールシャフト …

タイトリスト 917 価格

タイトリスト917シリーズの発売が10月21日(金)
と発表されましたが、
すでにゴルフショップのインターネットサイトに
予約販売価格が提示されています。

値段を見ていると、
円高の影響でアメリカから購入すると
非常に安いですね。
9月25日現在の値段を見ていると
1万円以上の差が出ています。

アメリカで販売されている物も
日本で販売されている物も同じヘッドです。
実は、ゴルフボールでもUSモデルの方が安いですが
物は同じなんですよね。

シャフトに関しては、
同じフレックスであっても、
USモデルの方が硬いので、
柔らかめを選択される方がいいでしょう。

日本人ご用達のカリフォルニアにある「フェアウェイゴルフUSA」さんでは
送料無料でポイント返還保証もありますので安心です。
経営者は日本人ですし、完全日本語対応です。
フェアウェイゴルフUSA タイトリスト917特設ページ↓↓

「フェアウェイゴルフUSA」タイトリスト917特設ページ

少し高くてもやっぱり日本モデル!と言う方には
ゴルフダイジェストオンラインがオススメです。
販売価格は、¥67,500 (税込¥72,900)なので
実は最安値ではありません。
しかし、現在キャンペーン中で10%OFFクーポンが使えます。
これを使用すれば、日本モデルの最安値店と近くなります。
また、対象商品を予約購入すると、
GDOゴルフ場予約に使える2,000円クーポン
GDOゴルフショップで使える3,000円クーポンがプレゼントされます。
さらに、合わなければ、9割をポイント保証してくれます。

タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト917ドライバー ミスヒットへの許容度

タイトリスト917ドライバーが10月21日に発売されます。

このドライバーは、D2とD3がありますが、
両者の共通ポイントからミスヒットへの許容度をお伝えします。

まず、クラウン部分の軽量化から
ソール部分にウエイトを配置することが可能になり
重心を低く抑えることが出来ています。

そして、溝がありますが、
この溝によってミスへの許容度が上がっているのですが
溝を作ることによって、
どうしても重量もこの部分に多く使うことになり
重心を浅くする方向に進みます。
ただ、後方にもSURE FIT CGを配置して
重心が浅くなり過ぎないようにもなっています。

全体として、D2はある程度重心が深くなっており
弾道が高く、スピン量も少し多くなり
ミスへの許容度が高くなっています。
D3は重心が少し浅くなっており
中弾道で、スピン量が少なく、
力強い弾道で飛ばすことが出来ます。
D2よりはD3の方がシビアなドライバーです。


タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト917ドライバー レフティー

タイトリスト917シリーズですが、
レフティーもラインナップされています。

レフティーの方は、
ゴルフにおいては本当にハンデがありますよね。
ゴルフクラブの選択肢や練習場の打席など。

タイトリスト917は、
円高でお買い得なUSモデルでも
日本モデルでもラインナップされています。

タイトリスト917USモデルの詳細はこちら


【レフティ(左用)】【メーカーカスタム】 タイトリスト 917 D2/D3 ドライバー [タイトリスト純正シャフト] カーボンシャフト Titleist 917

タイトリスト ドライバー 917 打感・打音は?

タイトリスト917Dを検討されている方が
気になるポイントの一つに、
打感や打球音があると思います。

今回の917Dに関しては、
913、915と比較して
やはり落ち着いた打球音ですね。

それと共に、
より吸い付くような感覚、
フェースに乗る感覚を得ることが出来ます。
しっかりとコントロールできるドライバーとなっています。

さすが、世界中のトッププロが
使用するドライバーですね。

タイトリスト917D2の詳細はこちら

タイトリスト 917 日本正規品 最安値は?

タイトリスト917シリーズが10月21日に発売されますが、
最安値を調査しています。
すでに述べている通り、最安値は、
円高なのでアメリカのショップです。
日本人に圧倒的人気のショップです↓↓

「フェアウェイゴルフUSA」タイトリスト917特設ページ

日本正規品の最安値は
9月22日現在楽天内のこちらのショップです↓↓

【予約販売】 タイトリスト917D2ドライバー タイトリストスピーダー517カーボンシャフトモデル 【Titleist】【917-D2】【TitleistSpeeder517】【ゴルフクラブ】

この値段の差は結構大きいですよね。
USモデルと日本モデルって実は同じなので
今の為替なら随分とUSモデルがお得です。
ただ、シャフトの硬さは違うので、
普段より柔らかめを選択されるといいでしょう。

タイトリスト917D3が飛ぶ?

タイトリスト917Dの予約販売が始まっていますが
D2かD3にしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

現在、タイトリスト契約プロたちも
ツアーで使用し始めていますが、
D2とD3の割合は半分半分くらいだそうです。

それだけどちらも完成度が高く、
魅力的だということでしょう。

ちなみに、7月に開催された2016年全米プロ。
その練習日に行われたドライビングコンテストで
優勝したのはタイトリスト契約のアン・ビョンフン選手。
その際に使用していたのは、917D3でした。
飛距離は347ヤードで
2位だったローリーマキロイ選手を抑えての優勝でした。

917D3の方が、D2よりも弾道は低めで
スピン量も少なくなっています。
そして、ヘッドも小さ目で振りぬきやすくなっています。
ですので、ある程度パワーのある方は、
917D3の方が飛距離が出るかもしれません。

タイトリスト917D3の詳細はこちら

タイトリスト917D レフティ

タイトリスト917Dですが、
もちろんレフティもラインナップされています。

私の父がレフティなのですが、
用具の問題や練習場の打席の問題など
色々とありますね・・・。

【レフティ(左用)】【メーカーカスタム】 タイトリスト 917 D2/D3 ドライバー [タイトリスト純正シャフト] カーボンシャフト Titleist 917

タイトリスト 917 発売日

タイトリスト917シリーズの発売日は、
日米同時となるのでしょうか。

発売日は、2016年10月26日です。


【メーカーカスタム】 タイトリスト 917 D2/D3 ドライバー [クロカゲ] XM/XT カーボンシャフト KUROKAGE MITSUBISHI RAYON 三菱レイヨン Titleist 917

チョ・ミンギュ タイトリスト917D2で優勝!

チョ・ミンギュ選手がフジサンケイクラシックで
タイトリスト917D2を使用して見事に優勝しました。

元々それほど飛ぶ方ではありませんが、
シャフトを44.75インチと短くして
飛距離よりも方向性で勝負しています。

フジサンケイでは、4日間トータルで
70%に迫るフェアウェイキープ率だったそうです。


タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト917D4は発売されるのか?

タイトリスト917D2とD3の発売が
近づいてきましたが、
今回はD4の発売はあるのでしょうか。

915Dのときは、
D2やD3が発売されてから半年後くらいに
市販化されました。

プロからの要望があれば
作ることになると思うのですが、
917Dの形状からして
どういう風に重心位置を前に持ってくるのか?
ちょっと想像が付きません。

もし出るのであれば、すでに開発はされているでしょうが
プロトタイプが出てくるもはまだ先でしょうね。

tanimasaki460.jpg

↑↑当サイトオリジナル特典付↑↑