タイトリスト915と913の違い

よく質問があるのですが、915は913と比べてどのように違ったの?ということ。

例えば、プロの松村道央選手は、910から913になって伸びた飛距離が、915になってさらに伸びたと言っています。

私の感想から言うと、ナイスショットした時の飛距離は確かに少し伸びていると思いますが、すごく変わったところは、ミスショットした時の飛距離や曲がり方です。

恐らくソールの溝の影響かと思うのですが、多少のミスなら、ナイスショットとそれほど変わらない結果が出ます。飛距離にしても曲がりにしても。ソールの溝によってヘッドがたわむことで、インパクトの瞬間のヘッドのブレが少なくなるようです。

恐らく、平均飛距離を測定していくと、913と915では随分と違うように思います。

☆NEWモデル☆☆日本正規品☆タイトリスト 915D2 ドライバータイトリスト スピーダー515 Tit…


913Dの詳細はこちら

タイトリスト913と915の違い

タイトリスト913と915はどう違うのか?という質問を受けました。


913Dの詳細はこちら

各メーカー毎年のように新商品を出してきており、そのたびに飛距離が10ヤード伸びます!なんて宣伝しています。もしそれが本当なら、10年間で飛距離が100ヤードくらい伸びる計算になってしまいます。

実は、新商品が出てきても、それほど違いがない場合があったりするのです。恐らく質問を下さった方もそういうことをお分かりになっている上での質問だと思います。

タイトリスト913と915の違いはどうでしょう。

実は、すでに使っているプロやアマチュアから、かなりやさしくなったという声が続出しています。
やはり溝の効果は大きいようですね。

寛容性のあるD2。操作性に優れたD3。ヘッド形状に沿った溝ラインがインパクト時の反発力を倍増…

ミスへの許容度が格段に上がっているというのが皆さん口を揃えておっしゃるところです。

そして、とにかくまっすぐ飛んでくれるということを聞きます。私も同じような感想を持ったのですが、曲げようと思っても曲がらないのが915D2です。
先日、日本マッチプレーを制した松村道央プロをはじめD2を使う選手が多いですが、とにかく簡単に飛ばしてフェアーウェイにおいておきたいということなのでしょう。

ひとつ前のモデル913を安く購入するという方も結構いらっしゃるようですが、オススメとしては、915の方がいいかと思います。
USモデルでしたら、今すぐ手に入りますし、値段的にもかなりお安く手に入ります。使用感は日本モデルとはっきり言って変わらないです。



⇒タイトリスト915USを見てみる