タイトリスト917D 球の上がりやすさ ロフト角

タイトリスト917Dの球の上がりやすさについてご紹介します。
ロフト角を選ぶ際にも参考にしていただければと思います。

試打をしたときには、917D2とD3の両方を打ちましたが、
どちらもそれなりに球は上がるように気がしていました。

結果で気に917D2にスピーダー569エボリューションⅢを入れたモデルを
ロフト角9.5度で購入しました。

弾道は中弾道。練習場では何とか良い球も出るのですが、
やはりちょっと無理して打っているようで
コースではチーピンが連発して
ドライバーでスコアを壊すことが多くありました。

私のヘッドスピードは44m/sくらい。
アイアンなどではそれほど球は低い方ではありません。
ですが9.5度はきついな~と言う感じ。
10.5度の方が良かったなと感じています。

タイトリスト917D2の詳細はこちら

タイトリスト917D2 球の上がりやすさ

タイトリスト917D2の球の上がりやすさについてご紹介したいと思います。

球が上がりにくいという風なイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、
そんなことはありません。
9.5度でもそこそこ球は上がってくれます。

10.5度だと私の場合、少し上がり過ぎるかな~という感じ。

普段から弾道が高い方は、
9.5度をチョイスして、ロフト角調整機能で
微調整するのがいいかと思います。

無理したくない、楽に球を上げたいと言う方は、
10.5度を選ぶと良いかと思います。


タイトリスト917D2の詳細はこちら

917D シャフト 比較

タイトリスト917Dを広い練習場で試打してきました。

ヘッドは、917D2(9.5度)を使って
シャフトを順番に替えて打って3球ずつ。
すべて50g台のシャフトでフレックスはSです。

個人の打ち方によって
随分と違った感想になるとは思うのですが、
私の試打の感想です。

まずは、純正のスピーダー517から。
バランスが良く、可もなく不可もなく。
ややつかまったドローボールでした。

次に、ATTAS PUNCH。
これは球が上がりますね。
球も曲がりにくく非常に良いシャフトだと思います。

3番目にディアマナBF。
これは、私はダメでした。
2球打って、2球とも低いひっかけ。
もちろん、私の技術的なものがあるのでしょうが、
明らかに、このシャフトの時だけタイミングが全く合いませんでした。

4番目にスピーダーエボリューションⅢ。
私はこれが一番よかったです。
ATTAS PUNCHも良かったのですが、
やや球が上がり過ぎてスピン量が多かったように思います。
スピーダーエボリューションは、
力強い中弾道で伸びのある球を打つことが出来ました。
打感も非常に良かった。
シャフトでも打感ってかなり違いますね。
一番良かったので、3球打った後も10球くらい打ちましたが、
ミスらしいミスがなく全てフェアウェイキープという球でした。

ツアーAD TPに関しては、
申し訳ありません。
打つのを忘れていました・・・。

ツアーAD TP以外を打ってみて、
やはりシャフトとの相性というのが大切だなと感じました。

【ポイント10倍】【カスタム】【2017年モデル】Titleist【タイトリスト】917D3 ドライバー Speeder EVOLUTION 3/Speeder EVOLUTION 2/Speeder EVOLUTION TS/Speeder EVOLUTION メンズゴルフクラブ

タイトリスト917D3は難しい??

タイトリスト917Dの購入を検討しているけど
やっぱりD3って難しいんですか?
という質問が結構あります。

実は、915Dでは、
アマチュアの方からの人気は、D3の方がありました。
振りぬきやすさという点でD3の方が良いという意見が多かったのです。

今回のD3に関しては、
やはり440㎤でD2よりも小ぶり。
投影面積もかなり小さいので
見た目でD3の方を選ぶ方もいらっしゃいます。

ただ、915D3と比較すると、
917D3の方がより低スピンで球は上がりにくいです。
そして、ミスへの許容度も915の方が高かったです。

でも、その分、しっかりと芯でヒットした時の
飛距離性能や打感の心地よさは最高です!

タイトリスト 917D3 ドライバー Titleist Speeder 517 カーボンシャフト Titleist 2017年日本正規品【代引き不可】

タイトリスト917ドライバー ミスヒットへの許容度

タイトリスト917ドライバーが10月21日に発売されます。

このドライバーは、D2とD3がありますが、
両者の共通ポイントからミスヒットへの許容度をお伝えします。

まず、クラウン部分の軽量化から
ソール部分にウエイトを配置することが可能になり
重心を低く抑えることが出来ています。

そして、溝がありますが、
この溝によってミスへの許容度が上がっているのですが
溝を作ることによって、
どうしても重量もこの部分に多く使うことになり
重心を浅くする方向に進みます。
ただ、後方にもSURE FIT CGを配置して
重心が浅くなり過ぎないようにもなっています。

全体として、D2はある程度重心が深くなっており
弾道が高く、スピン量も少し多くなり
ミスへの許容度が高くなっています。
D3は重心が少し浅くなっており
中弾道で、スピン量が少なく、
力強い弾道で飛ばすことが出来ます。
D2よりはD3の方がシビアなドライバーです。


タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト ドライバー 917 打感・打音は?

タイトリスト917Dを検討されている方が
気になるポイントの一つに、
打感や打球音があると思います。

今回の917Dに関しては、
913、915と比較して
やはり落ち着いた打球音ですね。

それと共に、
より吸い付くような感覚、
フェースに乗る感覚を得ることが出来ます。
しっかりとコントロールできるドライバーとなっています。

さすが、世界中のトッププロが
使用するドライバーですね。

タイトリスト917D2の詳細はこちら