タイトリスト917D3は難しい??

タイトリスト917Dの購入を検討しているけど
やっぱりD3って難しいんですか?
という質問が結構あります。

実は、915Dでは、
アマチュアの方からの人気は、D3の方がありました。
振りぬきやすさという点でD3の方が良いという意見が多かったのです。

今回のD3に関しては、
やはり440㎤でD2よりも小ぶり。
投影面積もかなり小さいので
見た目でD3の方を選ぶ方もいらっしゃいます。

ただ、915D3と比較すると、
917D3の方がより低スピンで球は上がりにくいです。
そして、ミスへの許容度も915の方が高かったです。

でも、その分、しっかりと芯でヒットした時の
飛距離性能や打感の心地よさは最高です!

タイトリスト 917D3 ドライバー Titleist Speeder 517 カーボンシャフト Titleist 2017年日本正規品【代引き不可】

タイトリスト 917 価格

タイトリスト917シリーズの発売が10月21日(金)
と発表されましたが、
すでにゴルフショップのインターネットサイトに
予約販売価格が提示されています。

値段を見ていると、
円高の影響でアメリカから購入すると
非常に安いですね。
9月25日現在の値段を見ていると
1万円以上の差が出ています。

アメリカで販売されている物も
日本で販売されている物も同じヘッドです。
実は、ゴルフボールでもUSモデルの方が安いですが
物は同じなんですよね。

シャフトに関しては、
同じフレックスであっても、
USモデルの方が硬いので、
柔らかめを選択される方がいいでしょう。

日本人ご用達のカリフォルニアにある「フェアウェイゴルフUSA」さんでは
送料無料でポイント返還保証もありますので安心です。
経営者は日本人ですし、完全日本語対応です。
フェアウェイゴルフUSA タイトリスト917特設ページ↓↓

「フェアウェイゴルフUSA」タイトリスト917特設ページ

少し高くてもやっぱり日本モデル!と言う方には
ゴルフダイジェストオンラインがオススメです。
販売価格は、¥67,500 (税込¥72,900)なので
実は最安値ではありません。
しかし、現在キャンペーン中で10%OFFクーポンが使えます。
これを使用すれば、日本モデルの最安値店と近くなります。
また、対象商品を予約購入すると、
GDOゴルフ場予約に使える2,000円クーポン
GDOゴルフショップで使える3,000円クーポンがプレゼントされます。
さらに、合わなければ、9割をポイント保証してくれます。

タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト917ドライバー ミスヒットへの許容度

タイトリスト917ドライバーが10月21日に発売されます。

このドライバーは、D2とD3がありますが、
両者の共通ポイントからミスヒットへの許容度をお伝えします。

まず、クラウン部分の軽量化から
ソール部分にウエイトを配置することが可能になり
重心を低く抑えることが出来ています。

そして、溝がありますが、
この溝によってミスへの許容度が上がっているのですが
溝を作ることによって、
どうしても重量もこの部分に多く使うことになり
重心を浅くする方向に進みます。
ただ、後方にもSURE FIT CGを配置して
重心が浅くなり過ぎないようにもなっています。

全体として、D2はある程度重心が深くなっており
弾道が高く、スピン量も少し多くなり
ミスへの許容度が高くなっています。
D3は重心が少し浅くなっており
中弾道で、スピン量が少なく、
力強い弾道で飛ばすことが出来ます。
D2よりはD3の方がシビアなドライバーです。


タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト 917 日本正規品 最安値は?

タイトリスト917シリーズが10月21日に発売されますが、
最安値を調査しています。
すでに述べている通り、最安値は、
円高なのでアメリカのショップです。
日本人に圧倒的人気のショップです↓↓

「フェアウェイゴルフUSA」タイトリスト917特設ページ

日本正規品の最安値は
9月22日現在楽天内のこちらのショップです↓↓

【予約販売】 タイトリスト917D2ドライバー タイトリストスピーダー517カーボンシャフトモデル 【Titleist】【917-D2】【TitleistSpeeder517】【ゴルフクラブ】

この値段の差は結構大きいですよね。
USモデルと日本モデルって実は同じなので
今の為替なら随分とUSモデルがお得です。
ただ、シャフトの硬さは違うので、
普段より柔らかめを選択されるといいでしょう。

タイトリスト917D3が飛ぶ?

タイトリスト917Dの予約販売が始まっていますが
D2かD3にしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

現在、タイトリスト契約プロたちも
ツアーで使用し始めていますが、
D2とD3の割合は半分半分くらいだそうです。

それだけどちらも完成度が高く、
魅力的だということでしょう。

ちなみに、7月に開催された2016年全米プロ。
その練習日に行われたドライビングコンテストで
優勝したのはタイトリスト契約のアン・ビョンフン選手。
その際に使用していたのは、917D3でした。
飛距離は347ヤードで
2位だったローリーマキロイ選手を抑えての優勝でした。

917D3の方が、D2よりも弾道は低めで
スピン量も少なくなっています。
そして、ヘッドも小さ目で振りぬきやすくなっています。
ですので、ある程度パワーのある方は、
917D3の方が飛距離が出るかもしれません。

タイトリスト917D3の詳細はこちら

タイトリスト 917 発売日

タイトリスト917シリーズの発売日は、
日米同時となるのでしょうか。

発売日は、2016年10月26日です。


【メーカーカスタム】 タイトリスト 917 D2/D3 ドライバー [クロカゲ] XM/XT カーボンシャフト KUROKAGE MITSUBISHI RAYON 三菱レイヨン Titleist 917

タイトリスト917D4は発売されるのか?

タイトリスト917D2とD3の発売が
近づいてきましたが、
今回はD4の発売はあるのでしょうか。

915Dのときは、
D2やD3が発売されてから半年後くらいに
市販化されました。

プロからの要望があれば
作ることになると思うのですが、
917Dの形状からして
どういう風に重心位置を前に持ってくるのか?
ちょっと想像が付きません。

もし出るのであれば、すでに開発はされているでしょうが
プロトタイプが出てくるもはまだ先でしょうね。

日本ツアーにもタイトリスト917Fが登場

タイトリスト917F(フェアウェイウッド)が
日本ツアーでもフジサンケイクラシックからお目見えしました。

すでに917D(ドライバー)は日本ツアー選手も使用し始めていますが、
フェアウェイウッドが契約プロたちに支給されたのは
フジサンケイクラシックからになります。

今平周吾プロやSKホプロ、松村プロなど
タイトリスト契約選手がテストしています。

タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト 917 フェアウェイウッド

タイトリスト917F(フェアウェイウッド)の詳細が分かってきました。

今回のフェアウェイウッドは、
917F2とF3があることが分かりました。

ドライバーにはソールの後方に設置されている
可変式ウエイトのSureFit CGが
フェアウェイウッドにはソールの溝のすぐ後方に設置されています。
ですので、少し重心が前寄りになっているようですね。


タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト917D 飛距離性能

今年の秋に発売が予定されているタイトリスト917D。

続々と契約プロたちが使用を開始していますが、
その飛距離性能の高さに注目が集まってきています。

先日の全米プロの練習日に行われたドライビングコンテスト。
2位だったローリーマキロイを抑えて優勝したのは
タイトリスト917D3を使用していたアン・ビョンフン。

345ヤードを飛ばしたマキロイが優勝だと誰もが思っていたときに
347ヤードを飛ばして見事に優勝を果たしました。

アン選手のドライバーセッティングはこちら
タイトリスト 917D3(8.5度)
シャフト:ミツビシレーヨン テンセイ 70TX(45インチ)
SureFitホーゼルセッティング:A1
SureFit CGセッティング:ドロー
グリップ:ゴルフプライド ツアーベルベット


タイトリスト917シリーズの詳細はこちら