タイトリスト 917 F2とF3の比較

タイトリスト917F2とF3を比較してみました。

まず、形状は、F2の方が大きめで薄いヘッドです。
F3は小さめヘッドで厚くなっています。

打ってみると、
確かにデータ通りの球が出ますね。
F2の方が打ち出し角が高いです。
スピン量は、両者でそれほど違いはありませんでした。
なので、全体的な弾道の高さとしては
F2の方が高く飛んでくれます。
そして、トータル飛距離もF2の方が飛んでくれました。

小ぶりなヘッドで
あらゆる場面で操作できるFWが良いという方はF3で
よりオートマチックに使いたい方にはF2がオススメです。

タイトリスト917Fの詳細はこちら

タイトリスト917ドライバー レフティー

タイトリスト917シリーズですが、
レフティーもラインナップされています。

レフティーの方は、
ゴルフにおいては本当にハンデがありますよね。
ゴルフクラブの選択肢や練習場の打席など。

タイトリスト917は、
円高でお買い得なUSモデルでも
日本モデルでもラインナップされています。

タイトリスト917USモデルの詳細はこちら


【レフティ(左用)】【メーカーカスタム】 タイトリスト 917 D2/D3 ドライバー [タイトリスト純正シャフト] カーボンシャフト Titleist 917

タイトリスト 917 発売日

タイトリスト917シリーズの発売日は、
日米同時となるのでしょうか。

発売日は、2016年10月26日です。


【メーカーカスタム】 タイトリスト 917 D2/D3 ドライバー [クロカゲ] XM/XT カーボンシャフト KUROKAGE MITSUBISHI RAYON 三菱レイヨン Titleist 917

日本ツアーにもタイトリスト917Fが登場

タイトリスト917F(フェアウェイウッド)が
日本ツアーでもフジサンケイクラシックからお目見えしました。

すでに917D(ドライバー)は日本ツアー選手も使用し始めていますが、
フェアウェイウッドが契約プロたちに支給されたのは
フジサンケイクラシックからになります。

今平周吾プロやSKホプロ、松村プロなど
タイトリスト契約選手がテストしています。

タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト917F2 F3

タイトリスト917のフェアウェイウッドが
「ジョン・ディア・クラシック」でお披露目されましたが、
915では915Fと915Fdだったフェアウェイウッドが
917では917F2と917F3となりました。

F2の方がF3よりもヘッドが大きく、
打ち出し角が高めになるようです。

フェアウェイウッドにもドライバー同様に
SureFit CGシステムが搭載されていますが
ドライバーとは異なりフェースと平行に位置しています。


【メーカーカスタム】 タイトリスト 917 F2/F3 フェアウェイウッド [モトーレ スピーダー] エボリューション/エボリューション2/エボリューション3/エボリューションTS 474/569/661/757 カーボンシャフト Titleist 917 FW

タイトリスト 917 フェアウェイウッド

タイトリスト917F(フェアウェイウッド)の詳細が分かってきました。

今回のフェアウェイウッドは、
917F2とF3があることが分かりました。

ドライバーにはソールの後方に設置されている
可変式ウエイトのSureFit CGが
フェアウェイウッドにはソールの溝のすぐ後方に設置されています。
ですので、少し重心が前寄りになっているようですね。


タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト 917 915 の溝の効果

タイトリスト915から採用されている
溝(アクティブ・リコイル・チャンネル)が
917にも採用されています。

最近はタイトリスト以外でも
多くのドライバーにこの溝が付いていますね。

915を打った感じでは、
溝によってミスが
軽減されるような印象を受けています。
左右の曲がり幅が減ってくれたり
薄めにヒットした際でも
ある程度飛距離が出てくれるように感じます。

あるゴルフ雑誌のテストでは
それが証明されていました。
横のミスヒットに関しては
溝がたわむことでサイドスピン量が減り
また飛び出す方向性も狂い難くなっているようです。

915から917で少し溝の形状が変わっていますが、
より性能がアップされているのでしょう。


タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト917を一番早く購入する方法

タイトリスト917シリーズがお披露目されましたが、
発売日の正式発表はまだです。

ただ、例年の傾向通りなら、
まずは10月にアメリカで発売されます。
日本で発売されるのは12月になるでしょう。

ですので、最も早く手に入れるには、
アメリカの発売日に購入することになります。

日本人ゴルファーたちに、
最も人気があるアメリカのショップは
カリフォルニアの日本人が経営しているお店です。
そこは、早くから非常に早い段階で
予約の受付を開始してくれます。
⇒日本人ご用達のカリフォルニアのショップはこちら

タイトリスト 917 アイアン ?

タイトリスト917にアイアンはラインナップされないの?
ということを質問されました。

アイアンは、発売されません。

すでに2016年モデルとして
タイトリスト716シリーズが出ていますから。

タイトリスト716CBアイアン

タイトリスト917として発売されるのは
ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッドです。

タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

タイトリスト917F フェアウェイウッド

タイトリスト917Dに続いて
917F(フェアウェイウッド)も
来週からツアー会場でお披露目される予定となっています。

917Dと同じく、一般には今秋に発売される予定です。


タイトリスト917Dの詳細はこちら