ボーケイ グラインド 違い

ボーケイウエッジを選ぶ際に、
グラインドの種類がいくつかあり
どのように選んでよいのかわからない、
なんて声を聞いたので解説させていただきます。

まず、オーソドックスなのはFグラインドです。
これはトレーディングエッジ(ソールのお尻の部分)に
グラインドがほとんど施されておらず
バウンスを最も利用しやすいエッジです。
普通に構えて普通にアプローチする方は
このFグラインドでいいかと思います。

このFグラインドに
トレーディングエッジに少しグラインドを施し
バウンス効果を少し減らしています。
状況に応じてフェースを開く方にお勧め。
フェースを開いたときにリーディングエッジが
浮き上がりを抑えられます。

Kグラインドは、最も幅広いソール形状になります。
バンカーショットが苦手な方におすすめです。
また、開いてもリーディングエッジが浮き上がりません。

Mグラインドは、トレーディングエッジ側のグラインドが大きく
バウンス効果が小さくなります。
フェースを開いたりシャローに入れたり
色んな技を使いたい上級者向けと言えるでしょう。

カスタムスペックとなりますが、
Lグラインドは最もバウンス効果が小さくなります。
ヘッドコントロールが上手な方向けです。

《あす楽》タイトリスト ボーケイ SM6 ツアークロム DGS200 ウェッジ